近年クラウド(ラウドコンピューティングまたはクラウドサービスの略語)という言葉を耳にすることが多くなります。簡単に言うとクラウドとはインターネット経由で提供されるサービスです。クラウドはこれまで10年以上経過しています。今ではクラウドの利用が当たり前のこととなりました。総務省の調査によると日本では約65%の企業が何らかの形でクラウドを利用しているそうです。(令和頑年版情報通信白書‐総務省)。クラウドサービスは詳細的にどういうものかまたはデータセンターとは何が違うのかについては【クラウドサービスとデータセンターを徹底比較に解説しましたので、ご参考になればと思います。

 社会の変化、特にデジタル化の進捗でクラウド化の重要性が益々増大しています。本稿で、ベトナムオフショア開発DevSamuraiベトナムは企業が業務及びIT基盤をクラウドへ移行しないといけない理由と共に、クラウドへの移行のプロセスに注意すべきのことをご紹介いたします。

 ます、クラウド移行の必要性を分析しましょう。

ポイント①:労力とコストが多くかかる伝統的なIT基盤の変革ニーズが高い

  自社設置型のサーバーの場合、利用状況に応じたハードウェアを事前に用意する必要がありますが、実際にどのぐらいの処理能力を持つハードウェアを準備すればいいのかは正確な判断が必要です。

 しかし、利用状況を少なく判断すると、将来的にユーザー数が増加したり、システム損害があって問題になったりすると、ハードウェアを増強しなくてはいけません。その時、ハードウェアの準備はコストも労力も高いし、新しいハードウェアを既存のシステムと連動したり、データ共有したりする必要となります。一方、利用状況を多すぎて見積もると、ハードウェア導入のコストが無駄となり、維持し続けるコストも余計にかかってしまいます。

 また、それらのハードウェアを維持し、運用するには人的労力が膨大にかかります。

ポイント②:障害やトラブル回避と対応

これまでサーバーやデータセンターはハードウェアに既存するため、災害が発生したり、ハードウェアが故障したりすると自社でハードウェアを守ったり、修理しないといけないため、コストも人的労力が多くかかります。そういう時には、会社のシステムはすべて中止となります。また、サイバー攻撃を受けると会社全体のシステムが止まる一方、セキュリティにも不安があります。

ポイント③:セキュリティ問題

上述した通り、伝統的なIT基盤はサイバー攻撃の危機があります。また、ハードウェアを自社またはレンタル施設に配置されるため、外部からの不正アクセスや内部からの情報漏洩から守られる必要があります。

ポイント④:対応スピード

 サーバーやデータセンターを利用すると、組織外の設備を利用することができません。ですから、外出する時、社内の連絡や業務の対応が遅くなります。

 社会・経済と情報技術が進化する中、以上のような問題が存在しています。それらの問題を解決するための変革が急務です。

2.クラウド化のメリット

⁂ 必要な時にひつようなだけからITの初期費用、運用コストと人的労力の削減

 クラウドは仮想サーバーを提供するため、クラウド移行にはハードウェアの準備と導入コストを検討する必要がありません。どれくらいの性能のサーバーを購入し、どこに設置すればいいのか、その納期や設定にどれくらいの期間が必要なのか、慎重に検討しなくても問題ありません。クラウドサービスを利用する場合、ユーザーが増加しても、またはアクセスが集中しても、柔軟な拡張が可能です。ユーザーが増える場合、ライセンスを購入するだけで次々に追加していくことができます。また、アクセスが集中する場合、クラウド側でリソースが自動的に調整させるため、ハードウェアの限定などは考える必要がありません。

 それに、クラウドの運用はクラウド側がするため、企業のシステム運用人材が要求されません。

 クラウドのスケールアップの柔軟性で企業のコストを大幅に削減することが実現可能です。

⁂ 故障、災害またはトラブルを十分回避

クラウドサービスはハードウェアに既存しないため、災害の発生やハードウェアの故障でシステムの運用が中止になる心配がありません。クラウドサービスではクラウド側のチームがメインテナンスを自動的に実施します。クラウドは仮想サーバーなので、システムのエラーがほぼありません。万一の場合、何かエラーが発生してもクラウド側に修正させますから、企業は十分に安心できます。

⁂ セキュリティを100%実現

クラウドの特徴の一つは厳重なセキュリティです。iPhoneやAppleの設備をする人はそれがよくわかるはずですが、クラウドは厳重な検証、セキュリティチェックを備えるため、外部からの不正アクセスや情報のリックはすべて阻止されます。

⁂ 便利性と対応迅速性

クラウドは外出する中にも簡単に情報共有ネットワークを構築することができる環境を提供しています。ですから、外出しても、中断なく連絡をしたり、情報共有することができます。

クラウドは大幅なコスト削減から高いセキュリティの実現、トラブル回避、スピーディ対応までのメリットで企業に利益をもたらしています。クラウド移行で企業はシステムを所有する形態から利用する形態へ更新します。これは、企業の経営にとって大きな変革だと言えます。

それこそはクラウドは大企業に限らず中小企業または日本政府にもおすすめされている理由です。

クラウドトランスフォーメーションに関するお問い合わせがございましたら、DevSamuraiベトナムまでお気軽にお問い合わせください。

DevSamurai Vietnam株式会社
日本オフィス      :東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー4F
ハノイオフィス  :5F X-Office Building, No.2, Lane #1, Phung Chi Kien RD, Cau Giay Dist., Hanoi, Vietnam.
ホチミンオフィス :2F 9A Pham Cu Luong, Tan Binh district, Ho Chi Minh city, Viet Nam
電話番号             : +81 50 623 78910
Eメール             :info@devsamurai.vn
ホームページ     : https://www.devsamurai.vn