Azure、AWSとGoogle Cloud Platform

現在まで、クラウドサービスプロバイダーは約100以上もありますが、クラウド市場をリードしているのはAzure、Google CloudとAWSです。クラウド移行を成功に導くためには、自社のビジネスに最適のクラウドサービスプロバイダーを選ぶ必要があります。

 Azure、GCPまたはAWSはいずれにしても強力なコンピューティング、ストレージとネットワーク機能を提供し、優れたクラウドサービスプロバイダーです。Amazonは最も複数の製品とサービスを提供することに対して、GCPは信頼性が高いオープンソースコミュニティがあり、ビッグデータ、機械学習、分析、クラウドネイティブアプリケーションの様々なソリューションを提供できるのが得意です。

それに対して、Officeや.NETなどのMicrosoftsのテクノロジーと製品をベースとしているビジネスにはMicrosoft Azureのほうが適切です。

ビジネスニーズによって、クラウドサービスのプロバイダーが違いますので、以下にAzure、AWSとグーグルクラウドプラットフォーム、それぞれの強みと弱みまたは詳細情報をご提供いたします。

Amazon Web ServicesとAzureとGoogle Cloud Platformの強みと弱み

(+)

(-)

Azure

どの国でも利用可能

価格の面で柔軟性が低い

コンプライアンス製品数が最大

パートナーエコシステムだけを構築している

すでに他のMicrosoftの製品を活用している企業向けの割引

包括的なハイブリッドクラウドをサポート

Google Cloud

堅実なオープンソースコミュニティ

パートナーエコシステムが小さい

ビッグデータ、機械学習、分析、クラウドネイティブアプリケーション向けの複数のソリューションを提供

AzureとAWSよりサービスが少ない

他のGoogleサービスとの統合が良い

最も費用効果が高いオプション

AWS

カスタマーとパートナーコミュニティーが最大

ハイブリッドが可能が優先ではない

柔軟性が高い

複雑、サービスと機能が多くて、管理しにくい

インフラストラクチャーアプリケーション数が多い

Azure、AWSとGCPの詳細

Azure

AWS

GCP

出場

2010

2006

2008

市場シェア

16.9%

32.3%

5.8%

利用可能国

60か国

24か国

24か国

セキュリティ

Azureセキュリティセンター

AWSセキュリティハブ

クラウドセキュリティコマンドセンター

サービス

200以上

212以上

90以上

データベース

MS SQLサーバー、Azure DocumentDB、Azure CosmosDB

Amazon RDS、Amazon DynamoDB、Amazon ElastiCache、Amazon Aurora、Amazon DocumentDB、Amazon Keyspace、Amazon Neptune、Amazon Timestram

Cloud SQL、Cloud Spanner、Cloud Bigtable、Cloud Firestore、Firebase Realtime Database、Cloud Memorystore

ビッグデータ

Azure HDInsight、Azure table

Amazon EMR、Amazon Redshift、Amazon Kinesis、etc.

Google Cloud IoT Core、Cloud Dataproc、Cloud Dataflow、BigQuery、etc.

ストレージ

Azure storage: Blob、Disk、File、Data Lake Storage、Archive

S3、EBS、EFS、S3 Glacier、FSx for Lustre、FSx for Windows File Server、Backup、Storage Gateway、Data Transfer Services

Google Cloud Storage、Google Persistent Storage、Nearline、Coldline

サーバーレスコンピューティング

Azure Functions

AWS Lambda

Google Cloud Functions

コンピューティングサービス

Virtual Machine

Elastic Compute Cloud (EC2)

Compute Engine

ネットワーキング

Virtual Network (VNET)

Virtual Private Cloud(VPC)

Cloud Virtual Network

コスト

一分当たりの料金

1時間当たりの料金

一分当たりの料金

完全クラウド化:アプリケーション、データとDevOpsのトランスフォーメーション

クラウドトランスフォーメーションには万能のアプローチはありません。クラウド移行の道もサービスオプションも多く存在していますがクラウド移行の最も主要な柱はアプリ、データとDevOpsです。

パブリッククラウドかプライベートクラウドへ移行するか問わず、①アプリケーションを分析し、アプリケーションの移行戦略を決定 → ② データを新しい保存場所に移行するための、安全で費用効果が高く、効率的な方法を検定 → ③ DevOpsのベストプラクティス:コードとしてのインフラストラクチャー、継続的なインテグレーションとデリバリー、監視、ロギングとアラート という移行流れを守ったほうがいいです。

 

それは時間の短縮、リソースの最適化とコスト削減を実現することにつながります。クラウド移行の成功のコツはその3つの柱に対するベストプラクティスを展開することです

a. アプリケーションのクラウド化

クラウドマイグレーションにおいてアプリケーションのクラウド化は様々な方法がありますが、最も利用されているのは:

 

 ・リフトアンドシフト (Rehost (Lift & Shift))

 ・プラットフォームの再構築 (lift, tinker and shift)

 ・モダナイズ

 ・リライト(Rewrite)

 ・再導入ードロップアンドショップ(Drop and shop)

 ・保持(Retain)

 

という6つの豊富です。

 ただし、アプリケーションはすべてクラウド化の対象であるのではありません。ですから、アプリケーションマイグレーションを開始する前に、アプリケーションの複雑性、マイグレーションのリスク、コスト、エフォートとROIを検討しないといけません。

 

 例えば、大量のデータを処理する必要のないレガシーアプリの場合、クラウドの提供するスケールと弾力性が要らないかもしれません。また、機密データを保存するビジネスクリティカルアプリは法的な理由でクラウドへ移行することはできません。

 

リストアンドシフト(Rehosting):コーディングが必要でないため、最も簡単な移行方法です。しかし、長期的な視点からは優れtスケーラビリティとパフォーマンス機械を提供しません。

プラットフォームの再構築(Replatform):改善のいくつかのさらなる調整が含まれます。フルマネージドサービスへの移行はその例です。

モダナイズ(Modernizing):プラットフォームの再構築と同じアプローチですが、コンポーネントはクラウド移行の前後に拡張または変更されます。そのため、より多くのコーディングが必要です。

リライト(Rewrite):モノリスからマイクロサービスの分解が必要で複雑な移行プロセスです。

再導入ードロップアンドショップ(Drop and shop):レガシーアプリからクラウドへの移行のROIが低い場合、これは最適の選択です。こういう時、スケーラビリティとパフォーマンス機会をもたらす既存のソリューションを選んだほうがいいです。

保持(Retain):マイグレーションの必要がない時、保持(Retaining)は受動的な方法です。アプリケーション。

b. データサービス

データサービスは幅広いカテゴリのサービスという。データサービスは構造化データと飛行増加データ、トランジットデータと静止データなど、といった多様なデータセットから実用的な洞察を抽出します。

 

 データサービスは次のサービスを提供します:データベース管理、データマイニングとストレージ、データ処理、データサイエンス、Bi、データセキュリティ、それにコスト、スケーラビリティと処理の効率化のためのデータ最適化。

クラウドへのデータマイグレーション

c. DevOps

DevOpsサービス

 

DevOpsはインフラストラクチャーのセットアップ、CI/CDから始まり、監視、セキュリティまでのプロセスです。DevOpsは、開発チームが高速でアプリケーションとサービスをデリバリーすることができる高度な自動化された環境を構築することに、役に立ちます。また、DevOpsは開発効率を向上させるだけではなく、セキュリティも強化し、市場投入までの時間を短縮し、リソース使用率を削減し、スケーラビリティを向上させます。

DevOpsテクノロジー

以上ではクラウドマイグレーション戦略の全体像をご案内しました。クラウドへの移行は様々なスキル、専門知識及び人材が必要ですから、現在でも多数の企業のお悩みとなっています。クラウド専門ではない場合、クラウド業者に頼んだほうが効果でしょう。次の投稿はクラウド移行のティップスをご紹介いたしますので、楽しみにしてください。何かご不明な点がございましたら、弊社までお問い合わせください。

 

オフショア開発会社DevSamuraiベトナムはGoogle Cloud Solutionsの長期的なパートナーとして企業のクラウド移行・導入、DevOpsをお手伝いしております。クラウド化またはDevOpsに関するお問い合わせがございましたら、ご連絡ください。

DevSamurai Vietnam株式会社

日本オフィス      :東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー4F
ハノイオフィス  :5F X-Office Building, No.2, Lane #1, Phung Chi Kien RD, Cau Giay Dist., Hanoi, Vietnam.
ホチミンオフィス :2F 9A Pham Cu Luong, Tan Binh district, Ho Chi Minh city, Viet Nam
電話番号             : +81 50 623 78910
Eメール             :info@devsamurai.vn
ホームページ     : https://www.devsamurai.vn
Facebook           :https://www.facebook.com/devsamurai.vn/DevSamurai Vietnam
LinkedIn             : https://www.linkedin.com/company/devsamurai-vietnam