クラウドベースのコンピューティングに対する顧客の需要を満たすことができますか。40%ITリーダーは、新型コロナウイルスがクラウドへの移行を加速していると主張しています。また、90%以上の組織はクラウド・コンピューティングを活用し、55%の会社は現在マルチパブリッククラウドを利用しています(引用:Gartner、Flexera、O’Reilly、Canalys、IDGのレポートより)。

 クラウド移行は、①企業の市場リーチの拡大、②市場導入までの時間の短縮、③優れた戦力性、④コストの最適化、⑤強化されたセキュリティというビジネス利点があって、企業のROI改善とビジネスの成果の向上に貢献しています。それに、技術的な観点から、クラウドは開発者に無数のメリットをもたらします。これにより、存続的なイノベーション、より有効的な生産性と可能性、及び優れた柔軟性を実現します。クラウド移行はベンダーロックインの回避、テクノロジー使用の柔軟性、インフラストラクチャ管理の単純性、障害に対する回復力、標準化・統一化と開発者への自律性をもたらします。詳細はクラウド化の重要性をご参照ください。クラウドサービスはデータセンターとの違いはクラウドとデータセンターの比較をぜひ目を通してください。

 しかし、クラウド移行でデジタル化を実行するニーズが高まっている現在でもクラウドへの移行が簡単に進行できません。どうやってクラウド移行を成功に導くのでしょう。本稿でベトナムオフショア開発会社DevSamuraiベトナムはクラウド化で成功した企業の経験をヒアリングした上で、クラウド移行の成功の秘密をご紹介いたします。

 クラウド化において失敗した企業の条件を分析した結果、DevSamuraiベトナムは以下クラウド移行の失敗につながる問題点を挙げていきます。

移行目的を明確にしないまたは社内で共有しない

 クラウドは複数の種類があり、企業の抱える課題によってさまざまで、「業務効率化を推し進めたい」のか「コスト・人的負担を軽減したい」のかによってクラウド移行戦略が違います。また、クラウド移行には複数の作業が必要であり、社内全体で協力がないと成功に実現できません。失敗の最も一般な理由はこれこそです。

自社の業務に適していないクラウドサービス

 オンプレミスからクラウドに移行するにはクラウド移行する順序や規模、コストなどをきちんと精査しないと自社の業務に適しないクラウドサービスを使い間違うことがよくあります。一度にすべてのクラウド移行をしてしまった企業が少なくありません。結局は自社の業務の一部しか合わないクラウドサービスを導入してしまうことも多くあります。ですから、そうせずに部署ごとなど小規模なクラウド移行を行い、運用の課題点を洗い出しながら最も適したクラウドサービスを見つけやすいです。

 

要するに、クラウド移行を実施するには専門知識または経験が豊富な業者に委ねたほうが有効です。

以上の問題点から、クラウド移行の戦略を立てる前に、最も大切なのは自社に以下の質問を回答することです。

・なぜクラウドへ移行するのか(クラウド移行の目的)?

・クラウド移行に際し、どんなメリットを期待しているのか?

・オンプレミスに保存する必要のあるミッションクリティカルなデータはあるのか?

・どのような容量が必要なのか?

・クラウドプロバイダーがいくつ必要なのか?

・パブリッククラウドとプライベートクラウドとどちらにするのか?

・ハイブリッド運用モデルを採用する必要があるのか?

・どのワークロードが優先すべきか?

・「リフトアンドシフト」モデルでアプリケーションをそのままクラウドに移行するか、それともクラウドネイティブアーキテクチャを利用するためにアプリケーションをリファクタリングしたほうが良いか?

クラウド移行の実績豊富な業者は以上の質問の回答及び業務のクラウドトランスフォーメーションについて企業を助けることができます。

クラウド移行のワークロード
クラウド移行のワークロード(参考:Your Guide to successful cloud transformation in 2020 and beyond [e-book])

2.クラウド移行の戦略

2.1.クラウドモデルの選び

 どれのクラウドモデルを選んだらいいのかは複数の条件に左右さます。例えば、どんな目的を優先しているのかやクラウド移行に投じる予算案がどれぐらいのか。

全体的にパブリッククラウドは最も安価で管理しやすいオプションです。それに対して、プライベートクラウドはパブリッククラウドよりセキュリティが高い一方、設定コストが高いです。ハイブリッドクラウドはパブリッククラウドとプライベートクラウドのミクスタイプであり、その2つのモデルより柔軟性とカスタマイズの可能性が高いです。

 

具体的には以下のテーブルをご参考ください。

メリット

デメリット

プライベートクラウド

・簡単に利用できる

プライベートクラウドはプライベートクラウドと同じで、どこからでもデータにアクセス、利用または保存することができます。

・セキュリティが高い

企業のファイアーと内部ホスティングを介して、より高いレベルのセキュリティとプライバシーを提供します。そのため、運用または機密データはサードパーティープロバイダーのアクセスから保証されます。

コスト削減が実現できない

導入会社は所有するため、ソフトウェアとインフラストラクチャを維持する責任を持ち、従来のデータセンター所有と同じ人権補、管理費、及び保守費が必要であるかもしれません。

パブリッククラウド

・低コスト

パブリッククラウドは無料、または使用量ごとのお支払いも含む様々なサブスクリプションやオンデマンドの価格設定せきーむを通じて提供されます。

・管理、メインテナンス、更新を自社でしなくてもいい

パブリッククラウドは完全にクラウドプロバイダーの制御下にあるため、企業はインフラストラクチャと運用システムの管理、メインテナンス、更新に手を入れなくもいいです。

・セキュリティが低い

パブリッククラウドは他の多くのクライアントと共有されるコンピューティングです。また、クラウドプロバイダーの制御下であるため、機密データの保証は十分であるか否か疑問があります。

ハイブリッドクラウド

・プライベートクラウドとパブリッククラウドのミクス

ハイブリッドクラウドはプライベートクラウドとパブリッククラウドのミクスであるため、両方のクラウドモデルがシームレスに相互作用することとデータとアプリケーションが一方から他方へスムーズに移行することを保証します。

両方のクラウドモデルのメリットを持っています。ですから、セキュリティが高く、利用しやすい特徴があります。

・AIの活用可能

乱立することがある

2.2.シングルクラウドかマルチクラウドか

 クラウドはシングルクラウドとマルチクラウドがあります。それぞれがメリットとデメリットがあります。シングルクラウドはコストが低く、利用しやすい一方、ベンダーロックインのリスクがあります。それに対して、マルチクラウド戦略ではコーディングを複数のクラウドプロバイダーと連帯させ、複数のクラウドプラットフォーム間でワークロードのバランスをとることができます。しかし、マルチクラウドの場合、複数のプロバイダーはそれぞれのマネジメントサービスとツールを提供するため、コストが高くなったり、作業も複雑になったりするおそれがあります。

2.3.クラウドコンピューティンサービスの選び方

提供サービスによってクラウドはIaaSPaaSSaaSFaaSに分けられます。その4つのタイプの特徴と例を以下に記述いたします。

特徴

IaaS

・インターネット経由で利用できる基本的なコンピューティングリソースを使用量に応じる費用制で提供:物理サーバーまたは仮想サーバー、運用システムソフトウェア、ストレージ、ネットワーキングインフラ、データセンタースペース

Microsoft Azure、AWS、Cisco Metacloud、GCP

PaaS

・アプリケーションを開発、実行、管理するための完全なクラウドプラットフォームを提供。

・開発・維持するためのコスト、複雑さ、不撓性なし

・サーバー、ネットワーク、ストレージ、運用システムソフトウェア、データベースはクラウドプロバイダーの制御下である

AWS Elastic Beanstalk、Apache Stratos、Google App Engine

SaaS

・完全にクラウドで実行されるソフトウェアソリューション

・ウェブ上またはベンダーAPIsを通じるアクセス可能

・月額または年額制

・アプリケーション、ランタイム、ミドルウェア、OS、仮想化、サーバー、ストレージとネットワーキング、すべてはベンダーに管理される

・クライアントはデータだけに対する責任がある

Microsoft Office 365、Salesforce、Cisco WebEx、Google Apps

FaaS

・アプリケーションの機能を開発、実行及び関るできるようにサーバーレスコンピューティング

・アプリケーションを開発、ローンチするためのインフラ構築の複雑性を解決

Amazon Lambda、Google Cloud Functions、Microsoft Azure Functions、IBM Cloud Functions

以上オフショア開発会社DevSamuraiベトナムはクラウド化の戦略の第1部をご案内いたしました。投稿の続きは少々お待ちください。

DevSamuraiベトナムは企業の業務革新のサポーターとして、クラウド移行について企業をお手伝いいたします。企業のニーズと状況をヒアリングした最適かつ有効なクラウドトランスフォーメーション戦略をご提供し、開発を支援いたします。

クラウド移行やクラウドトランスフォーメーションの戦略に関するお問い合わせがございましたら、弊社の10年以上経験担当者がご対応いたしますのでご連絡ください。

DevSamurai Vietnam株式会社

日本オフィス      :東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー4F
ハノイオフィス  :5F X-Office Building, No.2, Lane #1, Phung Chi Kien RD, Cau Giay Dist., Hanoi, Vietnam.
ホチミンオフィス :2F 9A Pham Cu Luong, Tan Binh district, Ho Chi Minh city, Viet Nam
電話番号             : +81 50 623 78910
Eメール             :info@devsamurai.vn
ホームページ     : https://www.devsamurai.vn
Facebook           :https://www.facebook.com/devsamurai.vn/DevSamurai Vietnam
LinkedIn             : https://www.linkedin.com/company/devsamurai-vietnam