mai.anh

About Mai Anh Phan

This author has not yet filled in any details.
So far Mai Anh Phan has created 18 blog entries.

【2021年】開発者向けプロジェクト管理ツールおすすめ7選!徹底比較!

2021-05-05T07:15:47+00:00

プロジェクト管理ツールは、テクノロジー、それにデジタル化の進化に従い、伝統的なプロジェクト管理エクセルを代わって、PMの有能なお手伝いになっています。IT業界では、PM(プロジェクトマネージャー)、PO(プロジェクトオーナー)は開発の業務以外、チームメンバーのタスク管理やプロダクトのデリバリースケジュールのトラッキング業務も担い、多くの時間がチームとプロジェクト管理にかかるのでしょう。プロジェクト管理ツールはそのため、数十個開発され、どちらが最もいいか、選びにくいです。 そのため、DevSamurai Vietnam株式会社はIT業界のPOとPMに対する調査結果からITプロジェクトの管理者向けの最も人気がある7ツールをご紹介いたします。その前に、プロジェクト管理ツールについてお話しましょう。 1.プロジェクトマネジメントツールとは? プロジェクトマネジメントツールは仕事やチームメンバーのタスクと進捗を管理するためのアプリケーションです。プロジェクトマネジメントツールはIT業界でけでなく、生産業界や人材業界にも活用されていますが、IT業界は複数プロジェクト、それにプロジェクトの複雑さが特徴であるため、他の業界よりもっと専門なツールを利用するのが必要です。プロジェクト管理ツールはもともと仕事の工程やスケジュール機能だけでしたが業務の複雑化及びユーザーのニーズに従い、プロジェクト管理以外の機能も数多くアプリケーションに統合され、非常に時間を節約するようになりました。 2.プロジェクト管理ツールの導入メリット  ⁂ プロジェクトの情報と蓄積の共有 プロジェクトマネジメントツールはチーム全体のタスクの状態や進捗をグラフやガントチャートなどの可視的な方法で表示する機能があり、すべての情報を一箇所にまとめることが可能です。 それに、PM(プロジェクトマネージャー)とPO(プロジェクトオーナー)などマネジメントを担当する方だけではなく、数千チームメンバーは一緒にテスクを入力し、一つのソフトウェアでタスク管理もできます。 ⁂ コミュニケーションの活性化 プロジェクト管理ツールはスケジュールタスク管理、開発タスク管理、開発進捗管理など機能以外、チームのコミュニケーション機能が統合される場合も多く存在します。それにより、情報をチームで共有した上で深く話しやすいです。 ⁂ 時間や場所を問わず利用できる プロジェクトマネジメントソフトウェアは大勢すべてのデバイス対応可能なので、モバイルやタブレットがあれば、どこでも開発チームの情報をトラッキングできます。 プロジェクト管理アプリはクラウド型とインストール型があります。クラウド型のはセキュリティ性も容量力も高いです。その一方、インストール型の場合、組織外の人も利用できます。

【2021年】開発者向けプロジェクト管理ツールおすすめ7選!徹底比較!2021-05-05T07:15:47+00:00

TOP7実績豊富なベトナムオフショア開発会社

2021-04-27T08:34:23+00:00

この記事ではベトナムでオフショア開発・アウトソーシング開発サービスを提供する優良な開発会社を一覧にしています。オフショア開発委託国のTOP 7人気ランキングに記載された通り、オフショア開発分野においてベトナムは最近最も人気である国です。なぜかというと、IT人材も豊富でテクノロジーに堪能だし、単価も安いし、サポートも迅速だからです。ベトナムにおけるオフショア開発のコストはこちらへ。そのため、オフショア開発会社もますます出現してきた現状では、どちらの会社が最もいいのか悩んでいるでしょう。ここでDevSamurai Vietnam株式会社はベトナムのトップランキング開発会社リストを作成しました。オフショア開発事業が失敗しないようにご参考ください。 1. FPTソフトウェア会社 FPTソルトウェア会社 ホームページ:https://www.fpt-software.jp/ FPTソフトウェア会社はシステム・ソフトウェア・アプリ開発のアウトソーシング・オフショアについてベトナムで先頭な会社であるため、歴史も実績も厚いです。現在FPTソフトウェアは日本に限らず、世界中各国にオフショア開発サービスを提供しています。FPTソフトウェア会社の強みは豊かな実績、豊富な人材、高い威信です。その一方、コストはほかの会社より少し高騰です。 サービス内容: システム、アプリケーション開発とインテグレーション AIソリューション:自然言語処理、ユーザー行動予測、コンピュータービジョンとパータン認識 RPA導入

TOP7実績豊富なベトナムオフショア開発会社2021-04-27T08:34:23+00:00

クラウド移行の戦略(第2項)

2021-01-22T06:19:24+00:00

クラウドを失敗なく成功へ導く戦略(クラウド戦略 第1項) クラウド戦略の選び方 Azure、AWSとGoogle Cloud Platform 現在まで、クラウドサービスプロバイダーは約100以上もありますが、クラウド市場をリードしているのはAzure、Google CloudとAWSです。クラウド移行を成功に導くためには、自社のビジネスに最適のクラウドサービスプロバイダーを選ぶ必要があります。 Azure、GCPまたはAWSはいずれにしても強力なコンピューティング、ストレージとネットワーク機能を提供し、優れたクラウドサービスプロバイダーです。Amazonは最も複数の製品とサービスを提供することに対して、GCPは信頼性が高いオープンソースコミュニティがあり、ビッグデータ、機械学習、分析、クラウドネイティブアプリケーションの様々なソリューションを提供できるのが得意です。 それに対して、Officeや.NETなどのMicrosoftsのテクノロジーと製品をベースとしているビジネスにはMicrosoft Azureのほうが適切です。 ビジネスニーズによって、クラウドサービスのプロバイダーが違いますので、以下にAzure、AWSとグーグルクラウドプラットフォーム、それぞれの強みと弱みまたは詳細情報をご提供いたします。 Amazon Web ServicesとAzureとGoogle

クラウド移行の戦略(第2項)2021-01-22T06:19:24+00:00

クラウド移行を失敗なく成功に導く戦略(クラウド戦略)

2020-12-31T09:31:27+00:00

 クラウドベースのコンピューティングに対する顧客の需要を満たすことができますか。40%ITリーダーは、新型コロナウイルスがクラウドへの移行を加速していると主張しています。また、90%以上の組織はクラウド・コンピューティングを活用し、55%の会社は現在マルチパブリッククラウドを利用しています(引用:Gartner、Flexera、O’Reilly、Canalys、IDGのレポートより)。 クラウド移行は、①企業の市場リーチの拡大、②市場導入までの時間の短縮、③優れた戦力性、④コストの最適化、⑤強化されたセキュリティというビジネス利点があって、企業のROI改善とビジネスの成果の向上に貢献しています。それに、技術的な観点から、クラウドは開発者に無数のメリットをもたらします。これにより、存続的なイノベーション、より有効的な生産性と可能性、及び優れた柔軟性を実現します。クラウド移行はベンダーロックインの回避、テクノロジー使用の柔軟性、インフラストラクチャ管理の単純性、障害に対する回復力、標準化・統一化と開発者への自律性をもたらします。詳細はクラウド化の重要性をご参照ください。クラウドサービスはデータセンターとの違いはクラウドとデータセンターの比較をぜひ目を通してください。 しかし、クラウド移行でデジタル化を実行するニーズが高まっている現在でもクラウドへの移行が簡単に進行できません。どうやってクラウド移行を成功に導くのでしょう。本稿でベトナムオフショア開発会社DevSamuraiベトナムはクラウド化で成功した企業の経験をヒアリングした上で、クラウド移行の成功の秘密をご紹介いたします。 1. クラウド移行の戦略入門  クラウド化において失敗した企業の条件を分析した結果、DevSamuraiベトナムは以下クラウド移行の失敗につながる問題点を挙げていきます。移行目的を明確にしないまたは社内で共有しない クラウドは複数の種類があり、企業の抱える課題によってさまざまで、「業務効率化を推し進めたい」のか「コスト・人的負担を軽減したい」のかによってクラウド移行戦略が違います。また、クラウド移行には複数の作業が必要であり、社内全体で協力がないと成功に実現できません。失敗の最も一般な理由はこれこそです。自社の業務に適していないクラウドサービス オンプレミスからクラウドに移行するにはクラウド移行する順序や規模、コストなどをきちんと精査しないと自社の業務に適しないクラウドサービスを使い間違うことがよくあります。一度にすべてのクラウド移行をしてしまった企業が少なくありません。結局は自社の業務の一部しか合わないクラウドサービスを導入してしまうことも多くあります。ですから、そうせずに部署ごとなど小規模なクラウド移行を行い、運用の課題点を洗い出しながら最も適したクラウドサービスを見つけやすいです。 要するに、クラウド移行を実施するには専門知識または経験が豊富な業者に委ねたほうが有効です。以上の問題点から、クラウド移行の戦略を立てる前に、最も大切なのは自社に以下の質問を回答することです。・なぜクラウドへ移行するのか(クラウド移行の目的)?・クラウド移行に際し、どんなメリットを期待しているのか?・オンプレミスに保存する必要のあるミッションクリティカルなデータはあるのか?・どのような容量が必要なのか?・クラウドプロバイダーがいくつ必要なのか?・パブリッククラウドとプライベートクラウドとどちらにするのか?・ハイブリッド運用モデルを採用する必要があるのか?・どのワークロードが優先すべきか?・「リフトアンドシフト」モデルでアプリケーションをそのままクラウドに移行するか、それともクラウドネイティブアーキテクチャを利用するためにアプリケーションをリファクタリングしたほうが良いか?クラウド移行の実績豊富な業者は以上の質問の回答及び業務のクラウドトランスフォーメーションについて企業を助けることができます。 クラウド移行のワークロード(参考:Your Guide to successful cloud transformation in 2020 and beyond

クラウド移行を失敗なく成功に導く戦略(クラウド戦略)2020-12-31T09:31:27+00:00

クラウド化はなぜ必要なのか?

2020-12-21T10:59:14+00:00

近年クラウド(ラウドコンピューティングまたはクラウドサービスの略語)という言葉を耳にすることが多くなります。簡単に言うとクラウドとはインターネット経由で提供されるサービスです。クラウドはこれまで10年以上経過しています。今ではクラウドの利用が当たり前のこととなりました。総務省の調査によると日本では約65%の企業が何らかの形でクラウドを利用しているそうです。(令和頑年版情報通信白書‐総務省)。クラウドサービスは詳細的にどういうものかまたはデータセンターとは何が違うのかについては【クラウドサービスとデータセンターを徹底比較】に解説しましたので、ご参考になればと思います。 社会の変化、特にデジタル化の進捗でクラウド化の重要性が益々増大しています。本稿で、ベトナムオフショア開発DevSamuraiベトナムは企業が業務及びIT基盤をクラウドへ移行しないといけない理由と共に、クラウドへの移行のプロセスに注意すべきのことをご紹介いたします。 ます、クラウド移行の必要性を分析しましょう。 1.クラウド移行の必要性 コストの削減と業務効率化というのはこれまで、企業がITを導入する理由またはITの最も大きな目標として知られましたが現在の社会・経済ではお客様が企業側からの柔軟性、安全性及び迅速対応を求めるようになりました。ですから、伝統的な自社で設備するサーバーやデータセンターというレンタルサーバーの代わりに流動性があるサービスの利用に移行しつつあります。 ポイント①:労力とコストが多くかかる伝統的なIT基盤の変革ニーズが高い   自社設置型のサーバーの場合、利用状況に応じたハードウェアを事前に用意する必要がありますが、実際にどのぐらいの処理能力を持つハードウェアを準備すればいいのかは正確な判断が必要です。  しかし、利用状況を少なく判断すると、将来的にユーザー数が増加したり、システム損害があって問題になったりすると、ハードウェアを増強しなくてはいけません。その時、ハードウェアの準備はコストも労力も高いし、新しいハードウェアを既存のシステムと連動したり、データ共有したりする必要となります。一方、利用状況を多すぎて見積もると、ハードウェア導入のコストが無駄となり、維持し続けるコストも余計にかかってしまいます。  また、それらのハードウェアを維持し、運用するには人的労力が膨大にかかります。 ポイント②:障害やトラブル回避と対応 これまでサーバーやデータセンターはハードウェアに既存するため、災害が発生したり、ハードウェアが故障したりすると自社でハードウェアを守ったり、修理しないといけないため、コストも人的労力が多くかかります。そういう時には、会社のシステムはすべて中止となります。また、サイバー攻撃を受けると会社全体のシステムが止まる一方、セキュリティにも不安があります。 ポイント③:セキュリティ問題 上述した通り、伝統的なIT基盤はサイバー攻撃の危機があります。また、ハードウェアを自社またはレンタル施設に配置されるため、外部からの不正アクセスや内部からの情報漏洩から守られる必要があります。 ポイント④:対応スピード

クラウド化はなぜ必要なのか?2020-12-21T10:59:14+00:00

DevSamuraiベトナムはベトナムオフショア開発で実績豊富のトップランキング会社として評価された

2020-12-11T11:01:15+00:00

DevSamuraiベトナムはオフショア開発について専門である比較ビズに実績豊富なトップランキングの企業として評価されました。ベトナムオフショア開発会社DevSamuraiベトナムは株式会社フラムジア(株式会社Sun*)、株式会社コウェールや株式会社Deha Solutionと他8社と共にベトナムオフショア開発での実績豊富な会社TOP12リストに挙げられました。 参照リンク:ベトナムでのオフショア開発で実績豊富なシステム会社12選 比較ビズは開発業者またはオフショア開発業者の紹介事業で専門会社です。今度のリストは対象者の開発経験及び案件発注企業からの好評程度によって作成されました。 弊社は現在まで数多くのシステム開発だけではなく、クラウド構築、GCP導入支援、マッチングサイト、アプリ開発。またはARとVR開発・運用保守などの最適なソリューションを提供することで、全8か国の企業の業務革新及び売り上げ拡大に貢献してまいりました。ベトナムでのオフショア開発のチームで10年以上BrSE経験者10人または日本語対応15人を擁しています。それに、会社全員は英語会話可能であるため、お客様は安心して、情報を伝達することができます。 比較ビズの評価によりますと、ベトナムのオフショア開発で信頼性が高く、高評価を得ている会社はDevSamuraiベトナム以外、以下の11社が挙げられます。 株式会社フラムジア 株式会社カオピーズ 株式会社Deha Solutions 株式会社エボラブルアジア 株式会社S3ジャパン 株式会社コウェル 株式会社エスプラス・ソフトウェア

DevSamuraiベトナムはベトナムオフショア開発で実績豊富のトップランキング会社として評価された2020-12-11T11:01:15+00:00

クラウドサービスとは?データセンターとクラウドとどちらが企業に利益をもたらすのか?

2020-12-16T04:52:19+00:00

 デジタル化が順調に進み、複数作業や大幅なデータベースを処理できるサーバーやシステムが不可欠な現状ではデータセンターやクラウドといったサービスの利用が世界のトレンドとなっています。データセンター調査報告書2019によると、全国のデータセンター利用率が48.6%2020でした。それに対して2020年1月に実施したガートナーのの調査の結果から日本におけるクラウド・コンピューティングの導入率は平均で18%でした。クラウド・コンピューティング導入率出典:ガートナー(2020年5月)しかし、クラウドはGoogleやAmazonなど多くの大手ブランドだけではなく、中小企業にも優先的に選ばれています。それはなぜなのか。どちらが企業に利益を多くもたらすのか。 本稿ではDevSamuraiベトナムはクラウドサービスとデーターセンター、二つのサービスの定義とメリット・デメリットを徹底比較いたします。①       データセンターとは? データセンターとは顧客のサーバーやIT機器を設置・収容する場所で、それらの機器を安定的に運用できる環境を提供するサービスを指します。普通には企業のサーバーが自社で設置されますが、その場合、サーバーがスムーズに運用されるために、空調の管理、安定的な電源、予防発電機などの用意が必要で、コストが非常に高いし、事故やセキュリティ問題が多く存在しています。そのため、企業は自社にサーバー機を置かず、社外のデータセンターという場所とサービスを利用することにより、コストの削減とリスクの回避を実現します。 要するに、データセンターのメリットというと、以下の6つです:(i)     スペースとラック:データセンターはサーバー機を配置するスペースだけではなく、サーバー機を組み立てるスペースや休憩するスペースと配置するためのラックを提供するサービスも指しています。(ii)    回線:データセンターは安定的に多重アクセスができる通信回線を提供するため、不安定なアクセスの不安を避けます。(iii)  電力供給:サーバーダウンが発生しないように、データセンターは停電がないサービスを提供しています。(iv)    空調:サーバー機の安定稼働のために、環境の空調設備が必要です。特に複数台のサーバーを常時稼働させた場合、大量の熱を発生させますので、温度18゜C~27゜C、湿度:35%前後~60%の範囲に保たないといけません。データセンターは空調の管理について企業を手伝います。(v)    

クラウドサービスとは?データセンターとクラウドとどちらが企業に利益をもたらすのか?2020-12-16T04:52:19+00:00

2021年におけるARとVR(各超現実と仮想現実)テクノロジーの活用動向予測

2020-11-29T05:48:11+00:00

 10年前に登場した拡張現実(AR)と仮想現実(VR)テクノロジーはこれまで人間の生活に大いに変えました。各超現実と仮想現実の代表的な製品としてPokemon GOのゲームやApple、 Google、そしてスマートフォンARの台所などの出場で思えなかったことを実現できるようになり、生活の便利性の向上とビジネスや業務の効率化に数多く貢献しました。特に、コロナ過でるARとVRの市場価値は下がりそうですが実際に社会隔離でリモートから作業をする需要が高まっている現状から拡張現実と仮想現実テクノロジーの活用性が確実になりました。具体的にコロナ過でARとVRはどのように活用されているのかについては【新型コロナウィルス対応】経営対策のARとVRテクノロジー導入事例紹介をご参考ください。  ARとVRテクノロジーは2021年のトレンド技術の一つとして見込まれ、ビジネスに利益をもたらすために、来年どんな業界でどのように最も活用されていくのかは、本経でオフショア開発会社DevSamuraiベトナムは予測を発表させていただきます。       流通・配信業界におけるARとVR  ARとVRの現状と見込み、ARとVRを徹底解説に記述した通り、新型コロナウィルスの影響を受け、社会隔離対策が実行されました。そのため、店舗やデパートまでショッピングに行くことよりEコマースが普及するようになりました。それに従って、流通・配信ニーズも高まる中で、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)テクノロジーは流通・配信業界を支える技術として活用されました。ARテクノロジーをを流通・配信プロセスに採用することで商品のラベル付け、注文された商品を分別し、配信することは自動的に行わている結果、労力も失敗リスクも削減することができました。  Eコマースは益々一般になり、海外の商品でも簡単に手に入れられる今の時代では、流通・配信業界におけるARとVRのユーザビリティが2021年に限らず、何年後もさらに有効になるのでしょう。特に、コンビニの商品でも輸送できるようになりはじめた日本では、2021年にARとVR技術の活用と発展は期待できると考えられます。       小売業界におけるARとVR

2021年におけるARとVR(各超現実と仮想現実)テクノロジーの活用動向予測2020-11-29T05:48:11+00:00

AR/VRの現状と見込み、AR/VRを徹底解説

2020-11-24T11:03:09+00:00

 米国IDC Customer Insight & Analysisのリサーチディレクターであるマーカス・トーチャに「タスクを容易にし、リソースへのアクセスと提供し、複雑な問題を解決することができるため、ビジネス分野でシェアを拡大している」と評価されたARが、VRと共に世界の治療、教育や製造業からエンタテイメントまで、すべての業界を支えてきました。AR/VRはバンズフリー技術を必要とする第一戦の労働者に新しい能力をもたらすことで今後人間の生活により大きな役割を果たし、既存のビジネスプロセスを抜本的に変えるものになると予測されます。  では、ARとVRは何が違いだろう、またはどんな分野に活用されているのか。その現状と将来性はどうなのかDevSamurai Vietnamはここでご紹介いたします。 1.ARとVRとは?ARとVRの違い ARは拡張現実の略であり、スマートフォンやタブレットのカメラ機能を通じて映し出される映像に対し、デジタル映像を投影する技術です。ARの代表的な活用アプリとしては「Pokemon GO」です。Pokemon GOはAR技術を活用し、スマートフォンを通じてポケモンを現実世界に投影することで、ポケモンの世界観を疑似体験できます。 その一方、VRは英語でVirtual Reality、日本語でいうと仮想現実です。その名前のようにVRは3D技術によって作り出された仮想世界の中に、HDRを通じて入り込むという技術です。VRを利用することにより、「入り込んだような体験」をすることができます。 要するに、ARは現実世界に対して情報を付与することに対し、VRは現実世界とは全く切り離された仮想の世界を体験することが目的です。

AR/VRの現状と見込み、AR/VRを徹底解説2020-11-24T11:03:09+00:00

【新型コロナウイルス対応】経営対策のAR/VR導入事例紹介

2020-11-20T02:07:12+00:00

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急速な流行拡大は、日本に限らず全世界のビジネス及び経済状況にあくまでも悪影響を与えています。帝国データバンクの調査(11月17日時点)によると、「新型コロナウイルス関連倒産(法人および個人事業主)は、日本全国に705判明、その中に法的整理が629件、事業停止76件であります。  特別企画:「新型コロナウイルス関連倒産」動向調査 <11 月17 日(火)16 時現在判明分>  新型コロナウイルスによる経済・産業・社会への影響を減らすために、治療、診断から生産業、経営までのすべての分野に、IT導入やITを利用した働き方への変更など様々な対策は実施されています。新型コロナウイルスの背景でも利益を向上するための経営対策としてAR/VRを自社の事業に導入し、業務を自動化する取り組みがよく見られます。 DevSamuraiベトナムはここで経営対策のAR/VR導入事例をご紹介いたします。 事例1:AR活用による作業効率化と品質向上の実現 問題点:顧客オーダー毎に取り付け部品と配線の仕様が異なるため、1点1点部品のレベルと作業指示書の部品番号を目視で照合し、さらに図面を目視確認して配線作業を行っており、人の判断を必要とする作業となっており、非常に作業効果が悪かった。また、新型コロナウイルスの影響で、人手不足だったり、非常に高いコストだったりすることが事情だった。 課題:図面、部品ラベルや仕様の目視確認による人の判断を必要とせず、かつ間違いなく作業できるようにすること 取り組み内容: ①  顧客のオーダー情報と生産計画から、取り付け部品及び配線の仕様を取得

【新型コロナウイルス対応】経営対策のAR/VR導入事例紹介2020-11-20T02:07:12+00:00
Go to Top